義歯・補綴

部分入れ歯

歯が何本か抜けてしまった場合は、パーシャルデンチャーという部分床入れ歯を入れます。部分床入れ歯は、バネを使用して支台となる歯に固定するタイプの入れ歯です。 


部分床入れ歯(パーシャルデンチャー)


【床の材料】

レジン  収縮したり変色したりしやすく、衝撃に弱い。

金属   薄く加工可能な素材で着け心地がよい。衝撃に強い。自由診療になります。 


【人工歯の材料】

レジン、ポーセレン(陶歯)、硬質レジン 


【バネの材料】

金銀パラジウム合金  硬いため支台歯にかかる負担が大きい。

白金加金   天然歯の硬さに近い。支台歯にかかる負担が少ない。

総入れ歯

歯を全て失ったときは総入れ歯を入れます。 


総入れ歯の仕組み 


【床の材料】

レジン  厚く大きくなり口に入れたときの違和感が多い。やや壊れやすい。保険診療。

金属   薄く作ることで違和感のない入れ歯ができる。熱伝導がよく壊れにくい。自由診療になります。 


【人工歯の材料】

レジン  色調に限界があり、変色や劣化が生じる。保険診療。

セラミック、硬質レジン(小臼歯)、白金加金合金   自分の歯に色調を合わせることができる。変色や劣化がきわめて少ない。自費診療。

磁性アタッチメント義歯

磁性アタッチメントは、磁石を利用して入れ歯を固定します。固定するためのバネがないため、口の中の違和感も少なく脱着も簡単にできます。